κίτρο

κίτροは「シトロン」という意味の中性名詞です。柑橘類の一種で、レモンに近い果物。

κίτρο - 語源・由来・派生

もともとは針葉樹

起源は古代ギリシャ語の«κέδρος»という単語にあります。ビャクシン属やヒマラヤスギ属の木、また、それに似た木🌲を広く指していたようです。

  • 古代ギリシャ語κέδροςビャクシン属・ヒマラヤスギ属の木🌲

この«κέδρος»はラテン語に派生し、次のふたつの単語になります。

針葉樹からシトロンへ

ひとつは、シトロン🍋の木«citrus»です。

由来は香りの強さ、あるいは樹木のかたちなどと言われますが不明です。とにかく古代ギリシャ語の「針葉樹🌲」からラテン語の「シトロン🍋の木」を表す言葉ができあがりました。

シトラスやシトロンは馴染みのある単語ですね。お菓子や芳香剤などでよく見聞きします。

英語では«citrus»は柑橘類(ミカン属)全般、フランス語を経由した«citron»がシトロンそのものを表します。

  • 古代ギリシャ語κέδροςビャクシン属・ヒマラヤスギ属の木🌲
    • ラテン語citrusシトロンの木🍋
      • 英語citrusミカン属(属名)
      • フランス語citronレモンやライム
        • 英語 citronシトロン

フランス語の場合、シトロンはシトロンじゃなくてレモン、ライムの意味。

ギリシャ語へ戻ってきたシトロン

このラテン語の«citrus»はそのまま「シトロン」を表す言葉として、再度ギリシャ語へ取り入れられます。

  • 古代ギリシャ語κέδροςビャクシン属・ヒマラヤスギ属の木🌲
    • ラテン語citrusシトロン🍋の木
      • 古代ギリシャ語κίτρονシトロン🍋

そして、現代ギリシャ語では少し形を変えて«κίτρο»となりました。

  • 古代ギリシャ語κίτρονシトロン
    • ギリシャ語κίτροシトロン

シダーウッド

なお、«κέδρος»から派生したラテン語のもうひとつは、もとの意味🌲を継いだ«cedrus»という単語です。当時のラテン語ではビャクシン属(ジュニパー)を指し、現在はヒマラヤスギ属の「属名」に用いられています。

英語の«cedar»の語源でもあります。香りの強い木を広く含む言葉、 アロマの「シダーウッド」のシダーです。

フランス語やイタリア語ではこっちの語形から「シトロン」になりました。

  • 古代ギリシャ語κέδροςビャクシン属・ヒマラヤスギ属の木🌲
    • ラテン語cedrusビャクシン属の木、特にケードネズ🌲
      • 英語Cedrusヒマラヤスギ属🌲(属名)
      • 英語cedarシダーウッド🌲
      • イタリア語cedroシトロン🍋
      • フランス語cédratシトロン🍋

κίτρο - 名詞(中性名詞)

主な意味

  1. シトロン、枸櫞(クエン)

枸櫞という言い方にはあまり馴染みがありませんが…クエン酸の「クエン」です。

読み方

キートゥロ [κίτρο]

ラテン文字

kitro

英語訳

  1. citron

語形変化

単数複数
主格κίτροκίτρα
属格κίτρουκίτρων
対格κίτροκίτρα
呼格κίτροκίτρα

κίτρο - 関連項目

関連する単語一覧ページ

関連カテゴリー

同じ分類 [果物] の単語