σκορπιός

σκορπιός(スコルピオース)は「さそり、蠍、さそり座、蠍座、フサカサゴ属の魚」という意味の男性名詞です。先頭大文字で星座名を表します。

σκορπιός - 語源・由来・派生

インド・ヨーロッパ祖語で「切る」を表す単語が語源。

  • 印欧祖語:*(s)ker-|切る
    • 古代ギリシャ語:σκορπίος|サソリ🦂、さそり座♏など
    • ギリシャ語:σκορπιός|サソリ🦂、フサカサゴ属(の魚)
      • ギリシャ語:Σκορπιός|さそり座♏
    • ラテン語:scorpio|サソリ
    • 英語:scorpion|サソリ

「フサカサゴ属」は、トゲトゲのひれや毒を持つことから「スコーピオンフィッシュ」と呼ばれる「カサゴ目」に属します。

さそり座

英雄オリオン(オリオン座)とサソリの物語に由来します。

オリオンとサソリにまつわるお話は複数ありますが、いずれにしてもサソリはオリオンの天敵です。さそり座が東から空に昇ると、オリオン座は西の地に逃げるように沈んでいきます。

猛毒サソリの毒

神話では、オリオンの傲慢な言動に怒った神が猛毒のサソリを差し向けた、と語られています。見事オリオンをしとめたサソリは功績を讃えられ、星座になったそうです。

サソリを差し向けた神、については複数の説があります。女王「ヘラ」や大地の女神「ガイア」、オリオンの恋人「アルテミス」の母である女神「レト」などなど。

恋人アルテミスの矢

オリオンとサソリに関する別のお話もあります。

オリオンの恋人「アルテミス」の兄「アポロン」は、二人の結婚に反対していました。アポロンはオリオンにサソリを差し向け、それに驚いたオリオンは海に落っこちてしまいます。

遠く離れたところにいるアポロンとアルテミスからは、海に落ちたオリオンは小さな光にしか見えません。そこでアポロンは、弓の名手でもあるアルテミスに「いくら君でもあんなに離れた光を射ることはできまい?」と挑発。アルテミスは挑発に乗り、その光を、つまり恋人オリオンを殺めてしまいました、というお話です。

こちらの話だと、サソリは単にオリオンをびっくりさせただけですね。

α星アンタレス

さそり座のα星「アンタレス」はとても明るい恒星(一等星)です。

アンタレスの名前は「アンチ」の語源であるαντί と「火星」とがあわさったギリシャ語からきています。

アンチは、古代ギリシャ語や派生先の英語では「反対」や「対抗」の意味が主ですが、現代ギリシャ語では「…のかわり」の意味で用いられます。

  • ギリシャ語:αντί+Άρης(アンチ + 火星)
    • ギリシャ語:Αντάρης(アンタレス(火星のかわり。大きさや色が似ていることから))
      • ラテン語・英語:Antares(アンタレス)

σκορπιός - 名詞(男性名詞)

主な意味

  1. さそり、蠍
  2. さそり座、蠍座(星座名)
  3. さそり座、蠍座、天蝎宮(黄道十二宮)
  4. フサカサゴ属の魚

読み方

スコルピオース

ラテン文字(ローマ字)表記

skorpios

英語訳

  1. scorpion
  2. Scorpio
  3. Scorpio
  4. Scorpaena

語形変化

星座名として用いる場合、先頭は大文字で、複数形はなしです(固有名詞のため)。

単数複数
主格σκορπιός
スコルピオース
σκορπιοί
スコルピー
属格σκορπιούσκορπιών
対格σκορπιόσκορπιούς
呼格σκορπιέσκορπιοί

σκορπιός - 関連項目

関連ページ

関連カテゴリー

同じ分類 [12星座] の単語

同じ分類 [星座] の単語

同じ品詞 [男性名詞] の単語

同じ品詞 [男性名詞-ος-οι] の単語