Ανδρομέδα

Ανδρομέδα(アンドゥロメーダ)は「アンドロメダ座、アンドロメダ(神話の人物)」という意味の女性名詞です。

Ανδρομέδα - 語源・由来・派生

ギリシャ神話の登場人物名。また、それに由来した星座名です。

  • 古代ギリシャ語:ἀνήρ + μέδω + -η|男の人 + 統べる + 名詞化
    • Ἀνδρομέδα|アンドロメダ→アンドロメダ座
    • ギリシャ語:Ανδρομέδα|アンドロメダ座、アンドロメダ
    • 英語:Andromeda|アンドロメダ座、アンドロメダ

ケーペウス(ケフェウス座)とカシオペイア(カシオペア座)の娘で、ペルセウス(ペルセウス座)の妻。

神話では、母「カシオペイア」がアンドロメダ姫のことを「海の女神たちよりも美しい」と自慢してまわったことで、海の神「ポセイドン」を怒らせた、という話が語られています。

その怒りを鎮めるため、父「ケーペウス」は姫を「海の怪物ケートス(くじら座)」への生贄として差し出しましたが、勇者「ペルセウス」に助けられ、姫はペルセウスの妻になりました、というお話。

Ανδρομέδα - 名詞(女性名詞)

主な意味

  1. アンドロメダ座(星座名)
  2. アンドロメダ(神話の人物)

読み方

アンドゥロメーダ

ラテン文字(ローマ字)表記

Andromeda

英語訳

  1. Andromeda
  2. Andromeda

語形変化

単数
主格Ανδρομέδα
属格Ανδρομέδας
対格Ανδρομέδα
呼格Ανδρομέδα

Ανδρομέδα - 関連項目

関連ページ

関連カテゴリー

同じ分類 [星座] の単語

同じ分類 [神話・伝説] の単語

同じ品詞 [女性名詞] の単語