Μέγας Κύων

Μέγας Κύων(メガス キーオン)は「おおいぬ座、大犬座」という意味の男性名詞です。

Μέγας Κύων - 語源・由来・派生

名称そのまま「大きな犬」の意味。

  • 印欧祖語:*meǵh₂- | 大きな、巨大な
    • 古代ギリシャ語・ギリシャ語:μέγας | 大きな、巨大な
    • ラテン語:maior | より大きな
    • 英語:major | より大きな、多数の
  • 印欧祖語:*ḱwṓ | 犬
    • 古代ギリシャ語・ギリシャ語(カサレヴサ):κύων | 犬
    • ラテン語:canis | 犬

メガス→キオンの語順が一般的ですが、逆の語順でΚύων Μέγας(キーオン メガス)と言うこともあります。

おおいぬ座の犬のモデルについては、狩人オリオン(オリオン座)が連れていた猟犬二頭(こいぬ座と)や、神犬ライラプスなどなど諸説あるようです。

なお、現代ギリシャ語で「大きい」はμεγάλος(メガロス)、「犬」はσκύλος(スキロス)またはσκυλί(スキリ)です。

動物(犬の仲間、イヌ亜目)

α星シリウスと、冬の大三角形

おおいぬざのα星「シリウス」は、地球から見える21の一等星の中で最も明るい恒星です。

  • Σείριος | シリウス・Seirios

シリウス・こいぬ座のα星「プロキオン」・オリオン座のα星「ベテルギウス」を結んだ三角形は冬の大三角形と呼ばれます。

Μέγας Κύων - 名詞(男性名詞)

主な意味

  1. おおいぬ座、大犬座

読み方

メガス キーオン

ラテン文字(ローマ字)表記

Megas Kyon

英語訳

  1. Canis Major

Μέγας Κύων - 関連項目

関連ページ

関連カテゴリー

同じ分類 [星座] の単語

同じ品詞 [男性名詞] の単語