κρίνο

κρίνοは「ユリ(百合)」という意味の中性名詞です。κρίνος, κρίνονと綴ることもあります。

κρίνο - 語源・由来・派生

古代ギリシャ語から

古代ギリシャ語の「ユリ」κρίνονから。当時の植民地の言語から借用された単語です。

現在でもカサレヴサ(文語)ではκρίνονです。κρίνοςと綴ることもあります。

  • 古代ギリシャ語κρίνονユリ
    • ギリシャ語κρίνο, κρίνοςユリ
    • ギリシャ語(カサレヴサ)κρίνονユリ

ふつうのユリ

古代ギリシア語では、白いユリ(特にマドンナリリー)のことをλείριον、白以外のユリのことをκρίνονと呼びわけていました。

λείριονの語源は、エジプト語(ヒエログリフで記されたとっても古い言語)の「花」です。こちらがラテン語を経て、英語のlilyとなりました。

  • エジプト語
    • コプト語ϩⲗⲏⲣⲓ
      • 古代ギリシャ語λείριονユリ
        • ギリシャ語λείριονユリ

現代ギリシャ語のκρίνολείριονに色の区別はなく、一般的にはκρίνοのほうを用います。

κρίνο - 名詞(中性名詞)

主な意味

  1. ユリ、百合

読み方

クリーノ [κρίνο]

ラテン文字(ローマ字)表記

krino, krinos, krinon

英語訳

  1. lily

語形変化

単数複数
主格κρίνοκρίνα
属格κρίνουκρίνων
対格κρίνοκρίνα
呼格κρίνοκρίνα

κρίνο - 関連項目