名詞の性

greek-allabout

ギリシャ語の名詞にはみっつの「文法上の性」の区分があり、すべての名詞は「男性名詞・女性名詞・中性名詞」のいずれかに属します。

自然性と文法性

実際の性別(自然性)と文法性は必ずしも一致しませんが、以下のような傾向が見られます。

人を表す名詞

男・男性を表す多くの名詞は「男性名詞👦」であり、女・女性を表す多くの名詞は「女性名詞👧」です。

男・男性、夫:男性名詞👦άντραςアンドゥラスandras[英] man, male / husband
兄、弟、兄弟:男性名詞👦αδερφόςアデルフォスaderfos[英] brother
ペトロス(男性の名前):男性名詞👦ΠέτροςペトゥロスPetros[英] Peter
女・女性、妻:女性名詞👧γυναίκαイネーカgynaika[英] woman / wife
姉、妹、姉妹:女性名詞👧αδερφήアデルフィaderfi[英] sister
マリア(女性の名前):女性名詞👧ΜαρίαマリアMaria[英] Mary

しかし、以下のように「中性名詞🤖」に属する名詞もあります。

子ども、子供:中性名詞🤖παιδίペディpaidi[英] child, kid
少年:中性名詞🤖αγόριアゴーリagori[英] boy
少女:中性名詞🤖κορίτσιコリーツィkoritsi[英] girl

職業や活動・身分を表す名詞では、まず「男性名詞👦」がベースとなり、接尾辞(-αなど)でで対応させた「女性名詞👧」が別に存在する、という傾向が多く見られます。

教師(男):男性名詞👦δάσκαλοςダスカロスdaskalos[英] male teacher
教師(女):女性名詞👧δασκάλαダスカーラdaskala[英] female teacher

ですが最近では、社会の変化に伴い、もとの男性名詞を「通性・混合性👦👧」として共通で使用するケースも増えています。

弁護士:通性👦👧δικηγόροςディキゴーロスdikigoros[英] lawyer, attorney
患者:通性👦👧ασθενήςアステニスasthenis[英] patient
貴族:通性👦👧ευγενήςエヴゲニスevgenis[英] noble, aristocrat, peer

目次に戻る

通性の名詞を用いる場合、冠詞をその対象の性別に応じて使い分けます。

  • ο δικηγόρος | 男性弁護士
  • η δικηγόρος | 女性弁護士

抽象名詞

人や物のような具体的なことがらでなく、抽象的なことがらを表す名詞は「女性名詞👧」であることが多いです。

愛:女性名詞👧αγάπηアガーピagapi[英] love
知識:女性名詞👧γνώσηグノーシgnosi[英] knowledge
健康:女性名詞👧υγεία イギーアygeia[英] health
制限:男性名詞👦περιορισμόςペリオリズモスperiorismos[英] restriction, limitation, constraint
上機嫌、意気揚々:中性名詞🤖κέφιケーフィkefi[英] high spirits, good humour

動物を表す単語

多くの場合、愛玩動物・家畜には複数の単語が存在します。

最もよく用いられる単語は「性別を問わない・または文法性と同じ性別」を表し、それとは逆の性別を表す単語がもうひとつ存在する、というパターンが一般的。

犬👦👧、またはオスの犬👦:男性名詞👦σκύλοςスキーロスskylos[英] dog / male dog, he-dog
メスの犬👧:女性名詞👧σκύλαスキーラskyla[英] female dog, bitch
猫👦👧、またはメスの猫👧:女性名詞👧γάταガータgata[英] cat / female cat, she-cat
オスの猫👦:男性名詞👦γάτοςガートスgatos[英] male cat, tom cat

さらに「中性名詞🤖」もありますが、意味は動物によって異なります。

犬👦👧:中性名詞🤖σκυλίスキーリskyli[英] dog
まれに「子犬👦👧」としても用いる
子猫👦👧:中性名詞🤖γατίガーティgati[英] kitten, small cat

野生動物の場合、該当する単語はひとつだけ、というパターンが多め。

キツネ👦👧:女性名詞👧αλεπούアレプーalepou[英] fox
ゾウ👦👧:男性名詞👦ελέφανταςエレファンダスelefantas[英] elephant

無生物(物質・自然現象など)

無生物の場合、文法性の区分に特定の傾向は見られず、いずれの性に属する場合もあります。

風、空気:男性名詞👦αέραςアエーラスaeras[英] wind, air
椅子:女性名詞👧καρέκλαカレークラkarekla[英] chair
穀粉、特に小麦粉:中性名詞🤖αλεύριアレーヴリalevri[英] flour

外来語

多くの場合、人を表す単語は「男性名詞👦」か「女性名詞👧」あるいは「通性👦👧に」、無生物は「中性名詞🤖」に割り当てられます。

マネージャー:通性👦👧μάνατζερ マナズェルmanatzer[英] manager
英語managerから
エレベーター、リフト:中性名詞🤖ασανσέρアサンセルasanser[英] elevator, lift
フランス語ascenseurから

ただし、割り当てに際しては、以下のような事項が考慮されることもあります。

元の言語での性と語尾

例えば、イタリア語の女性名詞-a👧をギリシャ語に取り入れる場合、ちょうどギリシャ語の-αと形も似ていることから「女性名詞👧」に割り当てられています。

ピザ:女性名詞👧πίτσαピーツァpitsa[英] pizza
イタリア語pizzaから

一方、イタリア語の男性名詞-o👦の場合、ギリシャ語の-oとの形的な類似性が考慮され「中性名詞🤖」となります。

ピアノ:中性名詞🤖πιάνοピアーノpiano[英] piano
イタリア語pianoから

関連するギリシャ語の名詞の文法性

元の言語に文法性の区別がない場合や、ギリシャ語に似た語尾がない場合、関連する名詞の性が考慮されます。

例えば、英国の新聞「タイムズ」は、χρόνοςやκαιρός(時間)の性と同じ「男性名詞👦」として扱われます。

タイムズ(英国の新聞):男性名詞👦Οι Τάιμςイ タイムスOi Taims[英] The Times

カメラのブランド名「Canon」は、φωτογραφική μηχανή(カメラ)と同じ「女性名詞👧」になります。

Canon(キヤノンのカメラ):中性名詞🤖ΚάνονカノンKanon[英] Canon

Appleのコンピューター「マッキントッシュ」の場合、πολογιστής(コンピュータ)と同じ「男性名詞👦」です。

マッキントッシュ(Appleのコンピューター):男性名詞👦ΜάκιντοςマーキンドスMakintos[英] Macintosh

語尾と語形変化

名詞の代表的な語形、つまり「辞書に載っている語形」は「単数主格形」です。

ギリシャ語では、名詞を(単数・複数)および(主格・属格・対格・呼格)に応じて語形変化させる必要があります。

男性名詞👦の「辞書に載っている語形」の多くは語尾が-ς、女性名詞👧は-αや-η、中性名詞🤖は-οや-ιで、変化の仕方にはさまざまなタイプがあります。

男性名詞の語形変化(曲用)

女性名詞の語形変化(曲用)

中性名詞の語形変化(曲用)

一致(呼応)

名詞を修飾する単語(形容詞、限定詞)および冠詞は、対象の名詞の文法性にあわせて語形を一致(呼応)させます。

一致の基本

αυτός👦 (ο👦) καλός👦 άντρας👦
アフトース(オ)カロス アンドゥラス
良い男の人
this (the) good man

上の例では、άντρας(男の人)が「男性名詞👦」なので、限定詞αυτός、冠詞ο、形容詞καλόςの語形がすべて「男性形👦」になっています。

αυτή👧 (η👧) καλή👧 γυναίκα👧
アフティ(イ)カリ イネーカ
良い女の人
this (the) good woman

γυναίκα(女の人)が「女性名詞👧」なので、他もすべて「女性形👧」になっています。

αυτό🤖 (τό🤖) καλό🤖 παιδί🤖
アフトー(ト)カロ ペディ
良い子ども
this (the) good child

παιδί(子ども)が「中性名詞🤖」なので、他もすべて「中性形🤖」になっています。

それぞれの名詞にあわせる

形容詞や限定詞、冠詞は「主語の性別」ではなくて、修飾する「それぞれの名詞の文法性」にあわせます。

例えば「マリアは良い子どもです」と言う場合、マリア👧が女の子だからといって、文中のすべての単語が女性形をとるわけではありません。

以下のように、ひとつめの名詞「マリア👧」にかかる冠詞は「女性形👧」に、ふたつめの名詞「子ども🤖」にかかる冠詞と形容詞は「中性形🤖」になります。

Η👧 Μαρία👧 είναι το🤖 καλό🤖 παιδί🤖.
イ マリア イネ ト カロ ペディ
マリアは良い子どもです。
Maria is the good child.

もうひとつ例を挙げます。

Ο👦 Πέτρος👦 έχει καλή👧 προσωπικότητα👧.
オ ペトロス エヒ カリ プロソピコーティタ
ペトロスは性格が良い。
Peter has good personality.

この場合、ひとつめの名詞「ペトロス👦」にかかる冠詞はもちろん「男性形👦」です。

そして、ふたつめの名詞「性格」は「女性名詞👧」です。したがって、これにかかる形容詞も「女性形👧」となります。

さらにややこしいですが、野生動物のように、性別に応じた単語がない場合の用法について。

η👧 αρσενική👧 αλεπού👧
イ アルセニキ アレプー
オスのキツネ
the male fox

このキツネの性別はオス👦ですが、名詞「キツネ👧」の文法性にあわせ、冠詞および「「男性の」という意味の形容詞」を「女性形👧」にしています。

ο👦 θηλυκός👦 ελέφαντας👦
オ シリコス エレファンダス
メスのゾウ
the female elephant

ゾウさんの実際の性別はメス👧ですが、名詞「ゾウ👦」の文法性にあわせ、冠詞および「「女性の」という意味の形容詞」の「男性形👦」を用いています。

性別が特定されていないとき

文脈上、名詞が指す対象の性別が特定されていないときは「男性名詞👦」を用いるのが一般的です。「通性の名詞👦👧」なら、冠詞を「男性形👦」にします。

例えば「この本の作者は…」といった話をする上で、作者の性別がわかっていない場合や、話者にとって性別への言及が必要ない場合、その作者の文法性を「男性👦」として扱います。

ο👦 συγγραφέας👦👧 αυτού του🤖 βιβλίου🤖
オ シングラフェアス アフトゥ トゥ ヴィヴリウ
この本の作者(性別不定、もしくは男性)
the author of this book

言い換えると、前後の文脈なしにこの表現だけを見ても、話者が「作者の性別を男性👦として話している」か「特定せず👦👧に話している」かは判断できない、ということになります。

なので、明確に「男性作家」と言いたければ、以下のように言葉を足すなどの方法をとります。

ο👦 άντρας👦 συγγραφέας👦👧...
オ アンドゥラス シングラフェアス…
男性作家…
the male author...