人称代名詞の用法

greek-allabout

ギリシャ語の人称代名詞の用法についてまとめます。

概説

ギリシャ語の人称代名詞は、指し示す対象の「数」や「格」によって語形が異なります(三人称は「文法上の性」も)。さらに、それぞれについて「弱形」と「強形」の二種類が存在します。

数・格・性の意味や役割については名詞に準拠しますので、それぞれのページへのリンクを掲載します。

greek-allabout

名詞の数(単数・複数)

greek-allabout

名詞の格

greek-allabout

名詞の性

人称代名詞の語形の一覧は、以下にまとめています。

人称代名詞

人称代名詞(弱形・接語)

人称代名詞の「弱形」と「強形」のうち、広く用いられるのは「弱形」のほうです。

単音節でストレス(アクセント)がなく、他の単語とつなげて読まれることから「弱形」あるいは「接語」代名詞と呼ばれます。

「弱形」の主な用法は以下の通りです。

動詞の目的語(対格・属格)

直接目的語は「対格」、間接目的語は「属格」です。

また、原則として、目的語となる人称代名詞は「動詞の直前」に置かれます。

  • Η αστυνομία τον έπιασε.
    警察は彼をつかまえた
    The police caught him.

目的語がふたつある文では、間接目的語(属格)直接目的語(対格)の前に置かれます。語順については柔軟なギリシャ語ですが、これは固定です。

  • Μου το έδωσες.
    あなたは私にそれをくれた。
    You gave it to me.
  • Δεν θα μου το δώσεις.
    あなたは私にそれをくれないでしょう。
    You will not give it to me.

ただし、命令法の文では逆の順序になることもあります。

  • Δώσε μου το.
    私にそれをください。
    Give it to me.
  • Δώσε το μου.
    私にそれをください。
    Give it to me.

同じく、動名詞とともに用いる場合も、逆になることがあります。

  • δίνοντάς μου το
    私にそれを与えること
    giving it to me
  • δίνοντάς το μου
    私にそれを与えること
    giving it to me

所有者・行為者(属格)

所有や行為者(英語のmy, your... に相当)を表す人称代名詞は、名詞のうしろに置かれます。

  • ο πατέρας μου
    私の父(所有)
    my father
  • τα σπίτια τους
    彼らの家(所有)
    their houses
  • η βοήθειά σου
    あなたの助け(行為者)
    your help

形容詞や数詞がいっしょに用いられる場合、語順は「形容詞(数詞)-代名詞-名詞」となります。

  • το παλιό μου αυτοκίνητο
    私の古い
    my old car
  • οι πέντε της κόρες
    彼女の五人の娘たち
    her five daughters

人数・配分とその人称(属格)

人数(配分)を表す数詞や代名詞とともに、それらの人称を示します。「私たち三人」のような表現です。

  • οι τρεις μας
    私たち三人
    the three of us
  • κανένας σας
    あなたたちの誰も(…ない)
    none of you
  • ο καθένας μας
    私たち一人ひとり、私たちそれぞれ
    each of us
  • όλοι τους
    彼らの全て
    each of them

副詞への従属(属格)

人称代名詞が副詞(主に場所を表す副詞)に従属する場合、弱形・属格を用います。

  • ανάμεσά τους
    彼らの間の
    between them
  • μπροστά μου
    の前で
    in front of me

弱形とストレスの追加について

ここまでに挙げた例文の赤字部分、ストレス(アクセント)の追加に関する補足です。

ギリシャ語には「ストレスは最後から三番目の音節より前に置かれない」というルールがあります(→ストレス(アクセント))。

そして、はじめに記したように、弱形にはストレスがありませんので、音韻的には「弱形の前の単語+弱形」でひとつの単語扱いとなります。

したがって、「前の単語」のストレスが最後から三番目の音節にある場合、ふたつをつなげて読むと、ストレスが最後から四番目にあるような、つまりルールに反した感じの音になってしまいます。

例えば「助け」という意味の単語βοήθεια(ヴォ--シ-ア)のストレスは「最後から三番目の音節」にあります。

これを、弱形と合わせて「あなたの助け」と表す場合、音としてはβοήθεια σου(ヴォ--シ-ア-ス)、つまり最後から四番目の音節にストレスがあるように聞こえてしまいます。

これを回避するために追加されるのが、赤字で示したストレス記号です。弱形代名詞の直前にもうひとつのストレスが追加され、元のストレスはそのまま残ります。

  • βοήθειά σου
    あなたの助け
    your help

弱形がふたつ続く場合、ストレスを受け取るのが弱形自身となるケースもあります。

  • Δώστε μού το.
    それを私にください。
    Give it to me.

人称代名詞(強形)

「強形」の主な用法は以下の通りです。

主語

ギリシャ語では、動詞の語尾で「主語の人称・数」が明確になるため、ふつうは主語の人称代名詞(主格)を省略します。

  • Μπαίνω.(主語Εγώを省略)
    は入ります。
    I go in.
  • Μπαίνεις.(主語Εσύを省略)
    あなたは入ります。
    You go in.

ただし、省略しない場合(主語を強調したいときなど)は必ず「強形」を用います。弱形を主語とすることはできません。

  • Εγώ Μπαίνω.
    私は(が)入ります。
    I go in.
  • Εσύ Μπαίνεις.
    あなたは(が)入ります。
    You go in.
  • Ποιος το έκανε;
    誰がそれをしたの?
    Who did it?
    • Εγώ.
      (他の誰でもなく)です。
      I did.
    • Εγώ το έκανα
      (他の誰でもなく)私がそれをしました。
      I did it.

目的語の強調

動詞の直接目的語(対格)や間接目的語(属格)を強調したい場合。

  • Εσένα είδα.
    私は(他の誰でもなく)あなたをを見ました。
    I saw you.

話題化・主題化

文中の人称代名詞は弱形のまま、文の先頭に強形を追加して、強調の意味を表します。英語のas for...に類似した語法。

  • Εσένα σε είδα.
    あなたに関して言えば)私はあなたを見ました。
    As for you, I saw you.

特定の前置詞のうしろ

前置詞χωρίςとσανのうしろの人称代名詞は、必ず強形になります。

  • Πήγαν χωρίς εμένα
    彼らはわたし抜きで行った。
    They went without me.
  • Δεν ξέρω κανέναν άλλον σαν εσένα.
    あなたのような人は知りません。
    I don’t know anyone else like you.

από, για, με, σεのうしろの人称代名詞は、強調の意味をもたせる場合、強形を用いることができます。

なお、από, γιαのうしろの「一人称・二人称の対格」は、最初の母音を失います。

  • To έμαθα από σένα.
    (εσέναのεが消失)
    私はあなたからそれを学びました。
    I learned it from you.

さらに「一人称・二人称の対格複数」は、ストレス(アクセント)を失い単音節となります。弱形と同じ語形となりますが、発音の際には強調されます。

  • To έκαναν για μας.
    (εμάςのεと、άのストレスが消失)
    彼らは私のためにそれをしました。
    They did it for us.

集団を示す

we Greeks(私たちギリシャ人)のような「集団を示す人称代名詞」は強形となります。

  • εμείς οι Έλληνες
    私たちギリシャ人は
    we Greeks
  • σ’εμάς τους Έλληνες
    私たちギリシャ人を
    to us Greeks