ストレス(アクセント)

ギリシャ語のストレス(強勢アクセント)についてまとめます。

アクセントとストレスの違い

アクセントとは、単語の中に配置されている音の強弱や高低のことを指します。

強弱を表すアクセントのことを強勢(強弱)アクセント(stress accent、ストレスアクセント)と言い、高低を表すアクセントのことを高低アクセント(pitch accent、ピッチアクセント)と言います。

補足
単語ではなく文章の中の高低のことはイントネーションと言います。

現代ギリシャ語の単語に置かれるアクセントは、強勢アクセントです。

強勢アクセントのことはストレス(英語のストレスアクセントから)と呼ぶのが通例です。

音節とストレス

単語の中の「音のきこえ方のまとまり」を音節(syllable、シラブル)と言います。

例えば、英単語のappleを音節で分けるとap・pleとなります。「アッ・プル」と音のまとまり二つ分で発音されるためです。

各音節には必ず母音が一つ含まれます。子音だけで音節を構成することはありませんし、一つの音節に母音が二つ以上含まれることもありません。

例えば、英単語のstressに含まれる母音はeの一つだけなので、この単語の音節は一つ、ということになります。カタカナ読みだと「ストレス」が一音節という感じがしませんが、一気に、一つ分の音のまとまりとして発音します。

ストレスは音節単位で配置されます(つまり、アクセント記号(´)がある「音節」を強く読みます)。また、ストレスのある音節の母音は、やや長く鮮明に発音されます。

アクセント記号の表記に関するルール

ストレスの配置はアクセント記号(´)で表します。強く読む音節の母音の上に置くのがルールです。

γάτα(ガータ、猫)

母音から始まる単語の頭にストレスがあり、かつ、大文字で表記する場合には、母音の上ではなく「前」に記号(´)を置きます。

Άγκυρα(アンギラ、トルコの首都アンカラ)

また、二文字で一つの音を持つ母音(ειやοιで「イ」と読む母音など)にストレスがある場合、記号は二文字目の上に置きます。

είδα(イーダ、言った)

従って、二文字並んだ母音の一文字目に記号が置かれていたら、それは上のような母音ではなく、それぞれ別々の母音ということになります。

μπόι(ボイ、高さ)

なお、二文字並んだ母音にストレスがない場合、それらが別々の母音であることを示すためには、分音記号(¨)を置きます。

ακτοπλοϊκός(アクトプロイコス、沿岸の)

ストレスの配置に関するルール

ギリシャ語のストレスの配置は、基本的に単語の綴りとセットで覚えていくしかありませんが、以下のようなルールがあります。

最後から三番目の音節より前には来ない

ギリシャ語のストレスは、最後の音節・最後から二番目の音節・最後から三番目の音節のいずれかに置かれます。それより前の音節には置かれません。

この制約を知っておくと、名詞の曲用(語形変化)に伴うストレスの位置の変化を覚える際に、少しだけ役立ちます。

例えば、μάθημαという単語は、最後から三番目の音節にストレスがあります。

μά・θη・μα(マシマ、レッスン)

μάθημαの「複数形」はμαθήματαです。アクセント記号の位置がαの上からηの上に移動しています。

μα・θή・μα・τα(マシマタ、レッスンの複数形)

位置の移動がないと、最後から四番目の音節にストレスが置かれることとなってしまい、ルール違反となってしまいます(μά・θη・μα・τα)。

補足
残念ながら、ルール違反にならないのにストレスの移動が発生することも、よくあります。

例えば、άνθρωπος(アンスロポス、人間)という単語の「属格形」はανθρώπου(アンスロプ、人間の)です。

仮にάν・θρω・πουでもルール違反にはなりませんが、移動が発生していますね。この制約だけで規則的に位置を移動させる、というのは無理なようです。

弱形代名詞の前の単語に、もう一つストレスが加わる

「最後から三番目の音節にストレスがある名詞や動詞など」の後ろに「弱形の代名詞(主語以外の代名詞)」が並ぶと「名詞や動詞などの最後の音節」にもう一つのストレスが加わる、というルールがあります。

とてもわかりづらいので、例を挙げて解説します。

βύσσινοという単語は「最後から三番目の音節にストレスがある名詞」です。

βύ・σσι・νο(ヴィシノ、サワーチェリー、sour cherry)

この単語の後ろに「弱形の代名詞(主格以外の代名詞)」を置いて「私のサワーチェリー」と言ってみます。

英語の場合は、所有格の代名詞をサワーチェリーの「前に」置いてmy sour cherryとなりますが、ギリシャ語の場合、サワーチェリーの「後ろに」属格の代名詞を置きます。

βύσσινό μας(ヴィシノ マス、私のサワーチェリー、my sour cherry)

「名詞や動詞などの最後の音節」に、もう一つのストレスが加わりました。

音節とストレスに関する用語

ギリシャ語を学習していると、「最後の音節」とか「最後から三番目の音節にストレスがある単語」とか、音節とストレスに関する説明や言葉が頻繁に出てきます。

これらを簡潔に表す日本語の単語は思い当たらないのですが、英語にはあります。覚えておくと、学習に役立つかもしれません。

日本語 英語 読み方
音節 syllable シラブル
最後の音節 ultima ウルティマ
最後の音節にストレスがある語 oxytone オクシトーン
最後から二番目の音節 penult ピーナルトゥ(米)
ペナルトゥ(英)
最後から二番目の音節にストレスがある語 paroxytone パロクシトーン
最後から三番目の音節 antepenult アンテピーナルトゥ
最後から三番目の音節にストレスがある語 proparoxytone プロパロクシトーン

高低アクセント(ピッチ)

現代ギリシャ語のアクセントは全てストレスであり、高低アクセントはありません。

高低アクセントと言えば日本語です。「橋」と「箸」のように、単語の中で「高く発音する音節」が変わることで意味まで変わってしまう単語が多くありますし、また、高低アクセントは方言の要素のひとつでもあります。