名詞の格

greek-allabout

ギリシャ語の名詞は「格」によって語形が変化します。格とは名詞などの「文中での役割」のことで、「主格・属格・対格・呼格」の4種類があります。

概説

4つの格の主な役割

それぞれ多くの用法がありますが、主な役割は以下のとおりです。

  • 主格:主語「…は」 / 主語を説明する補語
  • 属格:動詞の間接目的語「…に」 / 他の名詞に従属する「…の」
  • 対格:動詞の直接目的語「…を」 / 前置詞のあと
  • 呼格:呼びかける「…よ」

一致(呼応)

名詞の役割に応じ、ともに名詞句を構成する単語(形容詞・限定詞・冠詞・数詞・代名詞)も適切に語形を揃えなくてはいけません。

  • S(主格)-V-C(主格
    冠詞+名詞 - 動詞 - 形容詞+名詞
    Ο Πέτρος είναι καλός τραγουδιστής.
    ペトロス良い歌手だ。
    Peter is a good singer.
  • S(省略)-V-O(対格
    動詞 - 冠詞+名詞+名詞
    Θέλω ένα ποτήρι κρασί.
    私はワイングラス一杯飲みたい。
    I want a glass of wine.
  • S(省略)-V-O(対格+属格
    動詞 - 冠詞+名詞+名詞
    Θέλω ένα ποτήρι κρασιού.
    私はワインを飲むためのグラスをひとつほしい。
    I need a wine glass.

語順は柔軟

格変化が複雑な分、英語などと比べると語順の制約はゆるめです。

英語の場合、名詞(名詞句)の文中における役割(主語S目的語O…)は主に「語順」によって示されます。

なので、以下のように名詞の位置を入れ替えると、文の意味は変わってしまいます。

  • S-V-O
    Mary loves Peter.
    マリアペトロス愛している。
  • S-V-O
    Peter loves Mary.
    ペトロスマリア愛している。

一方、ギリシャ語では「マリア主語Sペトロス目的語O」であることを「語形(主格対格)」で明確に示すことができますので、名詞を入れ替えても意味は変わりません。

  • S-V-O
    H Μαρία αγαπάει τον Πέτρο.
    マリアペトロス愛している。
  • O-V-S
    Tον Πέτρο αγαπάει η Μαρία.
    マリアペトロス愛している。

さらに、動詞の位置すらフレキシブルです。

  • S-O-V
    Η Μαρία τον Πέτρο αγαπάει.
    マリアペトロス愛している。
  • V-O-S
    Αγαπάει τον Πέτρο η Μαρία.
    マリアペトロス愛している。
  • V-S-O
    Αγαπάει η Μαρία τον Πέτρο
    マリアペトロス愛している。

ただし、あくまで「文の構成素」が入れ替え可能(S-V-O, V-S-O…)なのであって、次のように「冠詞+名詞」の順などを変えるのは誤りです。

  • Μαρία η αγαπάει Πέτρο τον. (これは誤り)

主格

最も基本的な格。名詞の「辞書に載っている語形」は「単数主格形」です。

主語

文の主語は、もちろん主格になります。

  • H Μαρία αγαπάει τον Πέτρο.
    マリアペトロスを愛している。
    Mary loves Peter.
  • Tον Πέτρο αγαπάει η Μαρία.
    マリアペトロスを愛している。
    Mary loves Peter.

主語と同じ対象を指す述語(補語)

英語の第二文型S-V-Cの補語Cに相当する部分、つまり「主語を説明する、主語とイコールになる述語」として用いられる名詞は、主格になります。

  • Ο Γιάννης είναι γιατρός.
    イアニス医者だ(イアニス = 医者)。
    John is a doctor.
  • Αυτό το βιβλίο χρησιμεύει για οδηγός.
    このガイドになる(本 = ガイド)。
    This book serves as a guide.

表題、地名などを明示する部分

「表題や地名などを明示するための名詞」は、対象の名詞の格が属格や対格であったとしても、独立して主格になります。

ちょっとわかりづらいので、以下の例をご参照ください。

  • ο συγγραφέας του μυθιστορήματος Το τρίτο στεφάνι
    小説三度目の結婚式作者
    the author of the novel The Third Wedding

対象の名詞(小説の)は属格ですが、その表題(『三度目の結婚式』)の部分は主格になっています。

  • στο χωριό Άσσος
    アソス(という)村に
    in the village Assos

対象の名詞(に)は対格ですが、その村の名前(アソス)は主格になっています。

慣用表現

上の例とすこし似ていますが、句全体の格に関わらず、慣用表現的に主格を用いる場合があります。代表的なのは、時刻の表現における「…時ちょうど」の部分など。

  • στις τρεις η ώρα
    時ちょうど(全体は対格)
    at three o’clock

対格

対格は、主格と同じく主に構文上の役割を持ちます。属格にも一部そのような役割がありますが、他の単語を補足、修飾することのほうが多いです。

また、女性・中性名詞で対格は主格と同じ語形となります。

以上のことから、属格より先に対格を学ぶほうが後の理解に役立つかなと思い、本ページではこの順番でまとめています。

動詞の直接目的語

動詞の直接目的語(…を)は対格になります。英語の第三文型S-V-O、第四文型S-V-O-OのふたつめのOに相当。

なおギリシャ語では、目的語が代名詞の場合、動詞より前に置くのが一般的な語順です。

  • Η αστυνομία έπιασε τον κλέφτη.
    警察は泥棒つかまえた。
    The police caught the thief.
  • Η αστυνομία τον έπιασε.
    警察はつかまえた。
    The police caught him.
  • Τον έπιασα.
    私はつかまえた。
    I caught him.

下記の青字は間接目的語で、こちらは属格。

  • Μου έδωσε ένα κολιέ.
    彼は私にネックレスくれた。
    He gave me a necklace.

英語では「第四文型の直接目的語には代名詞を用いない」と習いましたが、これはギリシャ語でも同様です。

  • (あまり用いられない構文)
    To έδωσε της Κατερίνας.
    彼はキャサリンにそれをあげた。
    He gave Catherine it.

この場合、間接目的語のほうを前置詞句(前置詞 + 対格)に書き換えます。英語の第四→第三文型への書き換えと同じイメージですね。

  • To έδωσε στην Κατερίνα.
    彼はキャサリンにそれをあげた。
    He gave it to Catherine.

目的語を説明する名詞(補語)

英語の第五文型S-V-O-Cの補語Cに相当する部分、つまり動詞の目的語(対格)を説明する単語も対格になります。

  • Η Μαρία τον θεωρεί φίλο της.
    マリアは彼を友達思っている。
    Maria considers him her friend.
  • Βρήκα τον πατέρα μου καθισμένο στην πολυθρόνα.
    私は父が椅子に座っているのを見た。
    I found my father seated in the armchair.

前置詞のうしろ

一部の前置詞は名詞の属格をともないますが、原則として前置詞のうしろは対格です。

  • Η Μαρία είναι από την Αθήνα.
    マリアはアテネから来た(アテネ出身だ)。
    Mary is from Athens.
  • To έδωσε στην Κατερίνα.
    彼はキャサリンそれをあげた。
    He gave it to Catherine.

副詞的に使用される名詞

名詞(句)が副詞的に用いられるときにも、対格となります。

空間や時間の隔たり

  • Έτρεξα δυο χιλιόμετρα.
    二キロ走った。
    I ran two kilometres / kilometers.
  • Kράτησε ένα μήνα.
    それは一ヶ月続いた。
    It lasted a month.

ある時点

  • νύχτα
    夜に
    at night
  • τη νύχτα
    夜じゅう、夜の間
    during the night
  • την Τρίτη το πρωί
    火曜日の朝に
    on Tuesday morning
  • τον Μάρτιο
    三月に
    in March
  • τον χειμώνα
    冬に
    in winter

割合・率

  • χίλια δολάρια τον τόνο
    一トンにつき千ドル
    thousand dollars a ton
  • τριάντα χιλιόμετρα την ώρα
    一時間あたり三キロメートル
    thirty kilometres per hour

長さ(距離)

  • ένα ξύλο δέκα πόντους μακρύ
    長さ10センチの棒
    a stick ten centimetres long
  • ένα ξύλο δέκα πόντους μήκος
    長さ10センチの棒
    a stick ten centimetres (in) length

目標、目的

  • Πήγα περίπατο.
    私は散歩に行った。
    I went for a walk.
  • Θα πάμε εκδρομή.
    私たちは遠足に行く予定だ。
    We’ll go on an excursion.

場所、場所への移動

  • Πάω σχολείο.
    私は学校に行く。
    I’m going to school.
  • Πάω σινεμά.
    私は映画(を観)に行く。
    I’m going to the cinema.
  • Είμαι σπίτι.
    私は家にいる。
    I’m at home.

慣用表現(同じ名詞をふたつ重ねる)

  • χέρι χέρι
    手を取り合って
    hand in hand
  • στάλα στάλα
    一滴ずつ、少しずつ
    drop by drop
  • τοίχο τοίχο
    壁にそって
    along the wall
  • γιαλό γιαλό
    海岸づたいに
    along the shore

名詞と名詞の間に冠詞(対格)が入る表現もあります。

  • Χρόνο τo χρόνο γερνάμε.
    私たちは年々歳をとる。
    We get older year by year.
  • Τρώει ήσυχα, μπουκιά την μπουκιά
    彼は丁寧に、ひとくちずつ食べる。
    He eats gently, mouthful by mouthful.

前置詞が入ることも。

  • Βελτιώνεται μέρα με τη μέρα.
    彼は日々成長している。
    He is improving day by day.

…に関して言えば

適切な用語が思いつかないのですが、英語のbyを用いた「…に関して言えば」の表現に相当します。ただし英語と異なり、定冠詞をともないます。

  • Είναι γιατρός το επάγγελμα.
    彼は医者だ(彼は職業に関して言えば医者だ)。
    He is a doctor by profession.
  • Ήρθε ένας χωριανός, Νίκος το όνομα.
    ニコスという名の村人が来た。
    A villager came, Nikos by name.
  • Είμαι Ελληνίδα την καταγωγή.
    私はギリシャ系です。
    I’m Greek by descent.

属格

名詞の属格は、それが動詞に従属するか、動詞以外(主に名詞)に従属するかで役割が大きく異なります。

動詞に従属する場合は主に「間接目的語」となり、他の品詞に従属する場合は、その単語を「説明、補足」する役割を果たします。後者の代表的な用法のひとつが「所有」です。

動詞の間接目的語

動詞に従属する属格は主に「間接目的語」としての役割を持ちます。英語の第四文型のS-V-O-Oの、ひとつめのOに相当。

  • Μου έδωσε ένα κολιέ.
    ム エドセ エナ コリー
    彼はネックレスをくれた。
    He gave me a necklace.
  • Της είπα τα νέα.
    私は彼女そのニュースを伝えた。
    I told her the news.
  • Πιάσε μου το αλάτι.
    私に)塩をください。
    Get me the salt.

主語が「もの」となる動詞の目的語

文法上の主語が「もの」、意味上の主語が「人」となるような動詞の一部は、目的語に属格をとります。

代表的なのは「ものを喜ばせる→ものが好き, I like」のフレーズです。

「…が好き」と言う

  • Δεν μου αρέσει αυτό το κρασί.
    私はこのワインを好まない(直訳だと「このワインは私を喜ばせない」となる)。
    I don’t like this wine.
  • Σου πάει αυτή η φούστα.
    そのスカートはあなたに似合う。
    This skirt suits you.
  • Δύσκολο μου φαίνεται.
    私には難しいようです。
    It seems (like) difficult to me.

所有

以下は、動詞以外に従属する属格の用法です。

代表的なのはこの「所有」で、英語の所有格に相当します。語順は英語と逆で「対象の名詞+所有を表す名詞の属格」となります。

  • το σπίτι🏡 της Λουκίας👧
    ルーシーの家
    Lucy’s👧 house🏡
  • το σπίτι🏡 της👧
    彼女の家
    her👧 house🏡

ただし、特に所有の意味を強調したい場合は、属格の部分が前に来ます。

  • της Λουκίας👧 το σπίτι🏡
    (他の誰のものでもなく)ルーシーの家
    Lucy’s👧 house🏡

「所有の対象の名詞」は、言わなくても明らかな場合、省かれることもあります。

  • Αυτό το παλτό μοιάζει με (παλτό) του Γιάννη.
    このコートはイアニスの(コート)に似ている。
    This coat looks like John’s (coat).
  • Πήγα στου Γιάννη.
    私はイアニスのところ(家など)に行った。
    I went to John’s (house).
  • Θα πάρω των δώδεκα.
    私は12時の(電車、バスなど)に乗るつもりだ。
    I’ll take the twelve o’clock (’s bus, train...).

…の

以下にいろいろ分類していますが、日本語では主に「…の」と訳される、英語のofを用いた表現と似たものです。

対象の場所や時間、原因

  • η Μάχη της Κρήτης
    クレタ島の戦い
    the Battle of Crete
  • οι Έλληνες του δέκατου ένατου αιώνα
    19世紀のギリシャ人
    the Greeks of the nineteenth century
  • η πίκρα του χωρισμού
    別れの悲しみ
    the sorrow of parting

入れ物の用途

  • ένα ποτήρι του κρασιού
    ワイン(の)グラス
    ※「グラス一杯のワイン」ではなく、あくまで「ワイン用のグラス」の意味です(後述)。以下も同様。
    a wine glass
  • φλιτζάνι καφέ
    コーヒー(の)カップ
    coffee cup
  • φλιτζάνι τσαγιού
    ティーカップ(紅茶のカップ)
    tea cup
  • το κουτί των τσιγάρων
    たばこ(の)箱
    the cigarette box

詳細、特定

  • ένας καθηγητής της φιλολογίας
    文学の教師
    a literature teacher
  • γυαλιά ηλίου
    サングラス
    sun glasses
  • φακοί επαφής
    コンタクトレンズ
    contact lenses

種類、品質

  • χυμός πορτοκαλιού
    オレンジジュース
    orange juice
  • χυμός πορτοκαλιού πολυτελείας
    高級なオレンジジュース
    luxury orange juice
  • παγωτό σοκολάτας
    チョコレートアイスクリーム
    chocolate ice cream
  • αεροπλάνο άλλου τύπου
    別のタイプの飛行機
    aeroplane (airplane) of another type
  • συζητήσεις υψηλού επιπέδου
    レベルの高い議論
    high-level discussions

年齢

  • To παιδί μου είναι τριών χρονών.
    私の子どもは三歳です。
    My child is three years old.

構成、所属

  • μια παρέα εννέα γυναικών
    九人の女性のグループ
    a group of nine women

部分と全体

  • μια μεγάλη μερίδα του λαού
    人々の大部分
    a large portion of the people

グラス一杯のワインと「同格」表現

英語で「グラス一杯のワイン」はa glass of wineと表しますが、ギリシャ語ではこのような表現に属格を用いません。前にまとめたように、入れ物の後ろに置かれる中身の属格は、その入れ物の「用途」を示します。

  • Θέλω ένα ποτήρι κρασιού.
    私はワイングラス(ワインを飲むためのグラス)が欲しい。
    I want a wine glass.

ギリシャ語で「グラス一杯のワイン」は、シンプルに「一杯の+グラス+ワイン」と単語を並べて表します(以下の場合は目的語なので対格形)。

  • Θέλω ένα ποτήρι κρασί.
    私はワインを一杯飲みたい。
    I want a glass of wine.

また、文脈上「一杯」か「一本」かを明確にする必要がなければ、入れ物無しで「ひとつのワイン」と表すこともできます。

  • Θέλω ένα κρασί.
    私はワインを一杯(一本)飲みたい。
    I want a glass (bottle) of wine.

二杯以上の場合は、入れ物を複数形に、中身はそのまま単数形とするのが一般的な言い方です。

  • Θέλω δύο ποτήρια κρασί.
    私はワインを二杯飲みたい。
    I want two glass of wine.

でも、入れ物を言わないパターンでは、中身を複数形にします(ふつう、ワインや水、ビールなどは不可算名詞として単数形を用いますが、このような表現においては複数形もありとされます)。

  • Θέλω δύο κρασιά.
    私はワインを二杯(二本)飲みたい。
    I want two glass (bottle) of wine.

このことについてもう少しだけ、文法的な補足です。先ほどの例文を再掲しますが、下記の「グラス」と「ワイン」は「同格」であるとみなされます。

  • Θέλω ένα ποτήρι κρασί.
    私はワインを一杯飲みたい。
    I want a glass of wine.

同格(どうかく、Apposition)とは、一方が他方を定義するか修飾する2つの要素(通常名詞句)が並んでいる文法上の構造のこと。同格法が使われた時、2つの要素は「〜と同格」と言われる。たとえば、「私の友人アリス(my friend Alice)」という句では、「アリス」という名前は「私の友人」と同格である。

Wikipedia - 同格

「グラス」と「ワイン」の関係は、引用のような修飾・非修飾の関係とちょっと違う気もしますが、ギリシャ語においては「入れ物」と「中身」は同格法で表すものであり、単にふたつの単語を並置すれば良いわけです。

これに関連して、先に「種類、品質」にまとめた表現も、属格を用いず単にふたつの名詞を並置して表すことがあります。

まず、属格を用いる例の再掲です。

  • χυμός πορτοκαλιού
    オレンジジュース
    orange juice
  • παγωτό σοκολάτας
    チョコレートアイスクリーム
    chocolate ice cream

これらを「グラスにワインが入っている」のと同じように「ジュースにオレンジが入っている」や「アイスにチョコが入っている」ものとして、同格で表すこともできます。むしろ日常的にはこっちのほうが多いかもしれません。

  • χυμός πορτοκάλι
    オレンジジュース
    orange juice
  • παγωτό σοκολάτα
    チョコレートアイスクリーム
    chocolate ice cream

呼格

呼格は、人に呼びかけるときに用います。

  • Έλα, Πέτρο!
    ペトロス、来て!
    Come on, Peter!

名詞を伴わず、形容詞の呼格だけを用いることもできます。

呼格を用いた表現では、間投詞ρεやβρεがいっしょに用いられることもあります。hey!とかyou!のような感じの言葉です。

  • Σώπα, ρε Γιάννη!
    静かにして、イアニス!
    Be quiet, John!

また、相手の名前を言わず、例えば以下のように、形容詞の呼格を用いて言葉を投げかけることもできます。

  • Βρε ηλίθιε!
    なんて愚かな!
    You imbecile!

ただし、ρεやβρεの使用は、親しい間柄でなければ無礼と捉えられることもあるでしょう。