前置詞の用法(μετά, μεταξύ, μέχρι, παρά, πριν, προς, σαν, χωρίς)

当ページのリンクには広告が含まれています。

ギリシャ語の前置詞(μετά, μεταξύ, μέχρι, παρά, πριν, προς, σαν, χωρίς)の意味や機能、用法についてまとめました。

目次

μετά

μετάは「定名詞句対格」を伴います。主な意味は「後方, after」。

μετά τον πόλεμο
戦争の後に
after the war

不定名詞句強形人称代名詞を含む)の対格」が続く場合は、ふつう、απόとともに用います。

μετά από έναν πόλεμο
戦争の後に
after a war

μετά από μένα
私の後に
after me

μετά από 強形人称代名詞」を除き、απόの使用ルールは厳密なものではありません。

定名詞句の前にαπόが置かれることもあれば、

μετά από τον πόλεμο
戦争の後に
after the war

不定名詞句の前にαπόが置かれないこともあります。

μετά έναν πόλεμο
戦争の後に
after a war

実際のところ、απόとともに用いるμετάは「副詞」として機能しています。

μεταξύ

μεταξύは「名詞句(強形人称代名詞を含む)の属格」および「弱形人称代名詞の属格」を伴います。

主な意味は「…の間, between/among」。

μεταξύ Λονδίνου και Aθήνας
ロンドンとアテネの間
between London and Athens

μεταξύ Δευτέρας και Τετάρτης
月曜日から水曜日までの間に
between Monday and Wednesday

μεταξύ ζωής και θανάτου
生と死の狭間で
between life and death

μεταξύ μας
私たちの間に、または「内密に」
between (among) us/between ourselves

μέχρι

μέχριは「名詞句(強形人称代名詞を含む)の属格」および「弱形人称代名詞の属格」を伴います。

主に、時間的・空間的な「範囲継続, until/up to」を表します。

範囲・継続

Θα σε πάω μέχρι το Σύνταγμα.
シンタグマ広場までご案内します。
I'll take you as far as Constitution Square.

Θε σε περιμένω μέχρι τις οχτώ.
8時まで待っています。
I'll wait for you till eight.

Είναι χρεωμένος μέχρι τον λαιμό.
借金で首がまわらない。
He’s up to his neck in debts.

期限

To κοστούμι σας θα είναι έτοιμο μέχρι το Σάββατο.
あなたのスーツは土曜日までにできあがる。
Your suit will be ready by Saturday.

ここまでのμέχριの意味や用法はすべて、類義語のέως, ίσαμε, ωςにもあてはまります。ただしμέχριが最も一般的な単語です。

節の導入

μέχρι が導く「που節」は、すでに起こった何かを表します。

Σε περίμενα μέχρι που νύχτωσε.
暗くなるまで待っていた。
I waited for you till it got dark.

「(που) + να節」は、この後起こる可能性があることがらを表します。

Θα σε περιμένω μέχρι (που) να νυχτώσει.
暗くなるまで待つ。
I’ll wait for you till it gets dark.

類義語のうち、ίσαμεは「να節」を、ωςはπουと結合して「ώσπου」や「ώσπου να」の形で節を導くこともできます。

παρά

παράは「名詞句の対格」を伴います。ただし「強形人称代名詞」は含みません。

この前置詞は、発音が「ストレス無し」になる場合と「最後の音節にストレスを置く」場合とがあり、それぞれが異なる意味を表します。

  • ストレス無しのπαρά|不足量や代替
  • 最後の音節にストレスを置くπαρά|…にも関わらず、に反して, despite/against

ただし、表記はどちらも同じπαράです。

最初の音節にストレスが置かれるπάραは「副詞」です(πάρα πολύ, very much)。

不足量

τρεις παρά τέταρτο
3時15分前(2時45分)
three lacking quarter→a quarter to three

Έχασε την εκλογή παρά μία ψήφο.
彼は1票(の差)で選挙に負けた。
He lost the election by (a margin of) one vote.

Παρά τρίχα να σκοτωθούμε στο ατύχημα.
事故で(僅差で、危うく)死にかけた。
We were nearly killed in the accident (by a small margin).

代替

μέρα παρά μέρα
一日おきに
every other day

…に反して、…にも関わらず

Έφυγαν παρά τη θέλησή του.
彼らは意思に反して立ち去った。
They went away against his wishes.

παρά την υπόσχεσή του
彼の約束に反して
contrary to his promise

「…に反して、…にも関わらず」を表すπαράは、多くの定型句に見られます。

παρ’ ελπίδα
あらゆる希望に反して
against all hope

これらの定型句には、しばしば形容詞όλος(すべての)が用いられます。

παρ’ όλα αυτά
それなのに、…そうであるにも関わらず
despite this

παράが接続詞として機能する定型句も。

παρ’ όλο που
という事実にも関わらず…
despite the fact that

このπαρ’ όλο πουという定型句はとてもよく知られています。

なので、この意味自体を「το, it」に含めてしまう形で、ότι節を続けることもあります。

Παρά το ότι μου μίλησε ειλικρινά, δεν τον συμπαθώ.
彼は率直に話してくれたが、私は彼を好きにになれない。
Despite the fact that he spoke to me frankly, I don’t like him.

πριν

πρινはμετάの対義語です。主な意味は「前方, before」。

用法はμετάと同様で、基本的には「定名詞句対格」を伴います。

πριν τον πόλεμο
戦争の前に
before the war

不定名詞句強形人称代名詞を含む)の対格」が続く場合は、ふつう、απόとともに用います。

πριν από έναν πόλεμο
戦争の前に
before a war

πριν από μένα
私の前に
before me

μετάと同様、強形人称代名詞を伴う場合を除き、απόの有無はフレキシブルです。

πριν από τον πόλεμο
戦争の前に
before the war

μετά έναν πόλεμο
戦争の前に
before war

προς

προςは「名詞句(強形人称代名詞を含む)の対格」を伴います。

主な意味は「…へ向かって, towards」。

空間

Οδηγούσα προς τη θάλασσα.
海に向かって車を走らせていた。
I was driving towards the sea.

Kοίταξε προς την άλλη κατεύθυνση.
彼は別の方向を見た。
He looked in the other direction.

προς + το μέρος …」という形で「弱形人称代名詞の属格」を伴うこともあります。「の側に向かって」のような意味。

Γύρισε προς το μέρος μου.
彼女は私のほうを向いた。
She turned towards me.

時間

Φτάσαμε προς το βράδυ.
夕方ごろに到着した(夕方にかけて)。
We arrived towards evening.

抽象的なことがら

η αντίθεσή του προς κάθε ξένο στοιχείο
あらゆる外的要因に向けた(に対する)彼の反対
his opposition towards any foreign element

η υποστήριξη του ΟΗΕ προς τους Kούρδους
クルド人に向けた(に対する)国連の支援
the UN support for the Kurds

Έγινε αυτοψία προς εντοπισμό στοιχείων για τους δράστες.
犯人を特定するため(特定に向けて)現場検証が行われた。
An on-the-spot investigation took place with the aim of locating the culprits.

フォーマルな表現いろいろ

「…に向けて」以外では、主にフォーマルな表現に用いられます。

同じ名詞の間に

βήμα προς βήμα
一歩ずつ、着実に
step by step

価格

Τα πουλήσαμε προς χίλιες δραχμές το καθένα.
私たちはそれらを1個につき1000ドラクマ売った。
We sold them for a thousand drachmas each.

比率・割合

μια αναλογία ένα προς δέκα
110の割合
a ratio of one to ten

感情の表現において

文の残りの部分が言及することがらによって引き起こされる「感情」を表すことがあります。

Προς μεγάλη μου έκπληξη, έφερε και τις δυο φιλενάδες του.
驚いたことに、彼はガールフレンドを二人とも連れてきた。
To my great surprise, he brought both of his girl friends.

σαν

σανは「名詞句の主格」または「名詞句(強形人称代名詞を含む)の対格」を伴います。

主な意味は「…のような, like」。

主格:主語を描写、補完する役割
Τρώει σαν βασιλιάς.
彼は王のように食べる。
He eats like a king.

対格:「主語に似た特定の何か」のように…
Τρώει σαν βασιλιάς.
彼はあの王のように食べる。
He eats like the king.

上ふたつの違いはわかりづらいので、対格で表されるほう、つまり「主語に似た特定の何か」を「να節」で説明することもできます。

Τρώει σαν να είναι ο βασιλιάς της Αγγλίας.
彼はまるでイギリスの王(になったか)のように食べる。
He eats as though he’s the king of England.

σανが強形人称代名詞を伴うときには、間に任意でκαι, and(母音の前ではκι)を置くことができます。

σαν εμένα
σαν κι εμένα
私に似た
like me

χωρίς

χωρίςは「名詞句(強形人称代名詞を含む)の対格」を伴います。

主な意味は「…なしで, without」。

類義語はδίχως。意味的にも構文的にもχωρίςとほぼ同じように使えますが、あまり一般的な単語ではありません。

χωρίς τη βοήθειά σου
あなたの助けなしで
without your help

Δεν θα το ’κανα χωρίς εσένα.
あなたなしではそれを成し遂げられなかった。
I couldn’t have done it without you.

χωρίςはよく、不定代名詞・限定詞とともに用いられます。

Έκανα τη δουλειά χωρίς καμιά βοήθεια.
誰の助けも借りずに仕事をこなした。
I did the job without any help.

「να節」を導く場合もあります。

Χωρίς να το καταλάβω, βρέθηκα μπροστά στο Δημαρχείο.
気付かないうちにタウンホールの前にいた。
Without realizing it, I found myself in front of the Town Hall.

白水社
¥3,630 (2024/04/04 02:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
著:山口 大介, イラスト:北島 志織
¥1,650 (2024/04/10 10:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • URLをコピーしました!
目次