πάθος

πάθος(パーソス・パソス・パートス・パトス)は「情熱、大きな愛」という意味の中性名詞です。「苦しみ」の意味もあります。

目次

πάθος - 語源・由来・派生

古代ギリシャ語の「苦しむ」から。受身的な、ネガティブな経験という意味をもとに、激しい感情や心を表すようにもなりました。

現代ギリシャ語においては、何かへの大きな愛や熱意といったニュアンスが強い言葉です。

  • 古代ギリシャ語:πάσχω|苦しむ、経験する(ネガティブな)、罰を受ける
    • 古代ギリシャ語:πάθος|哀しみ、苦しみ、不幸、同情…など
      • ギリシャ語:πάθος|情熱、大きな愛情(苦しみ)
      • 英語:pathos|哀しみ、苦しみ、パトス(ペーソス)

πάθος - 中性名詞

主な意味

  1. 情熱、大きな愛
  2. 苦しみ

読み方

  • パーソス・パソス・パートス・パトス|πάθος

ラテン文字(ローマ字)表記

  • pathos

英語訳

  1. passion, affection
  2. suffering

語形変化

単数複数
主格πάθος
パーソス・パソス・パートス・パトス
πάθη
パーシ・パシ・パーティ・パティ
属格πάθουςπαθών
対格πάθοςπάθη
呼格πάθοςπάθη

用例

πάθος - 関連項目

関連ページ

関連カテゴリー

同じ分類 [] の単語

同じ品詞 [中性名詞] の単語

同じ品詞 [中性名詞-ος-η] の単語

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる