オーグメント

ギリシャ語の動詞の過去形で用いられる「オーグメント(加音)」についてまとめました。

目次

概説

動詞の過去形に付与されるオーグメントは次の三種類です。

  • 語頭へ付与され、音節を追加するέ-(まれにε-)
  • 語頭の母音を増強(変更)するή-
  • 前置詞接頭辞と語幹の間に置かれるέ-またはή-

音節の追加

ギリシャ語において、動詞の過去形のストレスはできる限り左側に、つまり「最後から三番目の音節」に置かれることが望ましいものとされます。

これにしたがい「子音で始まる一音節の語幹 + 一音節の語尾」で構成された動詞の過去形では、音節を追加するためのέ-が付与されます。

人称語尾が二音節の場合、そのままでストレスは望ましい位置へ移動できるので、オーグメントは不要となります。

三人称単数の代替語形-ανεも同様の理由で、オーグメントは付与されません。

  • γράφ-ω|書く
    • έ-γραφ-α|書いていた
    • έ-γραψ-α|書いた
    • γράφτ-ηκε|それは書かれていた
    • γράψ-αμε|私たちは書いた
    • έ-γραψ-αν|それらは書かれた
    • γράψ-ανε|それらは書かれた(代替語形)

不規則変化動詞における例外

不規則変化動詞の一部には、完結相過去形のオーグメントが付与されないものが存在します。

  • βγαίνω|出掛ける
    • έβγαινα|出掛けていた
    • βγήκα|出掛けた
  • βρίσκω|見つける
    • έβρισκα|見つけていた
    • βρήκα|見つけた
  • παίρνω|取る
    • έπαιρνα|取っていた
    • πήρα|取った

ストレスのないオーグメント

まれに、フォーマルな言葉やカサレヴサの決まり文句のような表現において、ストレスのないオーグメントε-の付与が発生します。

  • λέω|言う
    • ελέχθην|言われた
  • στέλνω|送る
    • εστάλην|送られた

語頭の母音を変更(増強)

語頭がε-, α-,αι-である動詞の過去形で、それらの母音がή-に変わることがあります。

(この現象を「増強」と呼ぶのは、古代ギリシャ語においてή-が長母音であったことに由来します)

該当する動詞は少なく、また、もとの母音そのままの語形を用いることも可能です。

語頭にストレスが移動しない語形、つまり一人称、二人称複数では発生しません。

  • ελπίζω|望む
    • ήλπιζα|望んでいた
    • έλπιζα|望んでいた
    • ελπίζαμε|私たちは望んでいた
    • ελπίζατε|あなたたちは望んでいた

増強ではない過去形ή-

関連して、過去形の一部の語形がή-となる動詞がみっつあります。

これらの動詞は語頭が子音なので、厳密には「増強」現象ではありませんが、類似のものとしてここにまとめます。

  • θέλω|欲する
    • ήθελα|欲していた
    • θέλησα|欲した
  • ξέρω|知っている
    • ήξερα|知っていた
    • 完結相はなし
  • πίνω|飲む
    • έπινα|飲んでいた
    • ήπια|飲んだ

接頭辞と語幹の間への配置

古代ギリシャ語から派生した接頭辞(前置詞接頭辞)を持つ複合動詞の一部では、過去形で語幹の前にέ-またはή-が追加されます(主に、オーグメントの位置にストレスが置かれる語形において)。

前置詞接頭辞現在非完結過去完結過去
αμφι-αμφιβάλλωαμφέβαλλααμφέβαλα
ανα-αναγράφωανέγραφαανέγραψα
αντι-αντιγράφωαντέγραφααντέγραψα
απο-απορρίπτωαπέρριπτααπέρριψα
δια-διανέμωδιένεμαδιένειμα
εισ-εισάγωεισήγαεισήγαγα
εξ-εκ- 1εκθέτωεξέθεταεξέθεσα
εν-εμ- 2εμπνέωενέπνεαενέπνευσα
εγ- 3εγγράφωενέγραφαενέγραψα
ελ- 4ελλοχεύωελλόχευα,
ενελόχευον
ελλόχευσα,
ενελόχευσα
επι-επιστρέφωεπέστρεφαεπέστρεψα
κατα-καταφέρωκατέφερακατέφερα
μετα-μεταβάλλωμετέβαλλαμετέβαλα
παρα-παρακάνωπαράκαναπαράκανα
περι-περιστρέφωπεριέστρεφαπεριέστρεψα
προ-προβαίνωπροέβαιναπροέβην
προσ-προσλαμβάνωπροσλάμβαναπροσέλαβα
συν-συμ- 2συμπίπτωσυνέπιπτασυνέπεσα
συγ- 3συγχέωσυνέχεασυνέχυσα
συλ- 4συλλαμβάνωσυλλάμβανα,
συνελάμβανον
συνέλαβα
συ- 5συστέλλωσυνέστελλασυνέστειλα
υπερ-υπερβαίνωυπερέβαιναυπερέβην
υπο-υπομένωυπέμεναυπέμεινα
  • 接頭辞と次の形態素の先頭が以下の組み合わせとなるとき、同化現象が発生します。
    • 1. 接頭辞 + 母音
    • 2. 接頭辞 + β, μ, π, φ, ψ
    • 3. 接頭辞 + γ, κ, ξ, χ,
    • 4. 接頭辞 + λ
    • 5. 接頭辞 + σ

以下に、いくつかの規則や補足を列記します。

接頭辞の末尾の母音消失

「母音で終わる接頭辞 + オーグメント」で、接頭辞の末尾の母音が消失します。

  • απο-ρρίπτω|拒否する
    • απ-έ-ρριψα|拒否した
  • επι-στρέφω|戻る
    • επ-έ-στρεφα|戻った

ただしπερι-とπρο-は例外で、これらは常に母音を保持します。

  • περι-στρέφω|回転する
    • περι-έ-στρεφα|回転していた
  • προ-βαίνω|前進する
    • προ-έ-βαινα|前進していた

同化現象の復元

接頭辞の末尾が次の子音と同化している場合(上の表の注釈参照)、オーグメントを追加するときはもとの綴りに戻す必要があります。

  • εγ-γράφω|入会する
    • εν-έ-γραφα|入会していた

ふたつの接頭辞とオーグメント

ふたつの接頭辞が含まれる動詞では、オーグメントはふたつめの動詞の後に追加されます(以下の例では母音の消失も発生)。

  • επ-ανα-λαμβάνω|繰り返す
    • επ-αν-έ-λαβα|繰り返していた

オーグメントが追加されない場合

まず、この現象は「前置詞接頭辞」がついた動詞で必ず発生するものではなく、むしろ通常の語形変化をとる動詞のほうが多いです。

  • κατα-λαβαίνω|理解する
    • κατα-λάβαινα|理解していた

前置詞接頭辞παρα-の場合、オーグメントを追加するかどうかは任意です。

  • παρα-κάνω|誇張する
    • παρα-έ-κανα|誇張していた
    • παρά-κανα|誇張していた

なお、上でまとめた「前置詞接頭辞」以外にも、動詞と組み合わせることができる接頭辞がいくつかあるのですが、

  • κακo-|悪い
  • καλο-|良い
  • ξανα-|再び
  • πάρα-|過剰な
  • πολυ-|多い

これらのうち、ξανα-がついた動詞でも、オーグメントの付与は任意となります。

  • ξανα-γράφω|書き直す
    • ξανα-έ-γραφα|書き直していた
    • ξανά-γραφα|書き直していた
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる