動詞が示す人称と数

動詞は通常、主語の名詞句の人称・数によって語形変化します。

しかし、たとえば非人称動詞のように、動詞側が論理上の主語(の人称・数)を提示するケースも多々あります。

本ページではそのような動詞の用法についてまとめました。

目次

原則(主語との一致)

ふつう、動詞の語形は主語の名詞句の人称と数と一致します。

  • Εσείς δεν θα του πείτε τίποτα.
    あなたたちは彼に何も言わないのでしょう。
    You will not tell him anything.
  • Ο Γιάννης ποτίζει τον κήπο του κάθε πρωί.
    ヤニスは毎朝庭で水やりをする
    John waters his garden every morning.

つまり動詞の語形が主語の人称・数を明示するので、ふつう、主語となる代名詞は省略されます。

  • Δεν θα του πείτε τίποτα.
    あなたたちは彼に何も言わないのでしょう。
    You will not tell him anything.

敬称(二人称複数)

代名詞の二人称複数形は、単に相手が複数人いるときだけでなく、相手に敬意を示す場合にも用いれられます。これはギリシャ語だけでなく、ヨーロッパの諸言語に広く見られる表現です。

このとき、動詞は論理上の主語にあわせ、二人称複数形に語形変化します。

したがって、上で挙げたひとつめ例文の主語は「二人称複数(あなたたち)」とも「丁寧な単数(あなた)」であるとも解釈できます。これは文脈で判断するほかありません。

  • Εσείς δεν θα του πείτε τίποτα.
    あなたたちは彼に何も言わないのでしょう。または
    あなた(敬称)は彼に何も言わないのでしょう。
    You will not tell him anything.
  • Δεν θα του πείτε τίποτα.
    あなたたちは彼に何も言わないのでしょう。または
    あなた(敬称)は彼に何も言わないのでしょう。
    You will not tell him anything.

不特定多数への言及(二人称単数、三人称複数、一人称複数)

主語が特定されない誰かであるときには、二人称単数や三人称複数、一人称複数などがさまざまに用いられます。

  • Στο εστιατόριο αυτό τρως φτηνά και καλά.
    あのレストランは安くておいしい。
    あなたはあのレストランで安くおいしく食べることができる。
    In that restaurant you can eat cheaply and well.
  • Μπορείτε να μου πείτε πού πουλάνε εφημερίδες εδώ κοντά;
    このあたりで新聞を売っているところを教えてください。
    →このあたりで彼らが新聞を売っているところを教えてください。
    Can you tell me where they sell cigarettes around here?

不特定多数の主語に自分(や身近な人々)が含まれるような文脈では、一人称複数が選択されることが多いです。

  • Στα Καλάβρυτα φτιάχνουν καλά τυριά.
    カラブリタでは良いチーズが作られている。
    →カラブリタでは、彼らは良いチーズを作っている。
    In Kalavryta, they make good cheese.
  • Στα Καλάβρυτα φτιάχνουμε καλά τυριά.
    カラブリタでは良いチーズが作られている。
    →カラブリタでは、私たちは良いチーズを作っている。
    In Kalavryta, we make good cheese.

特定的な不定代名詞のかわり(三人称複数)

話者の頭の中ではある程度の特定がなされているもの、つまりsomeoneを主語にとるような文において。

  • Χτυπάνε την πόρτα.
    彼らが誰かが)ドアをノックしている。
    Someone is knocking on the door.

相手への敬意や愛情(三人称単数)

誰かに敬意や愛情を込めて話しかけたいとき、その相手を三人称扱いにすることがあります。

  • Τι θα ήθελε ο κύριος;
    (男性に向けて)何をお望みですか。
    紳士は何を望んでいますか。
    What might the gentleman want?
  • Τι κάνει ο ασθενής μας σήμερα;
    (医者などから患者に向けて)今日はいかがですか。
    私たちの患者さん、今日はいかがですか。
    How is our patient today?

一般に適用される指示・命令(一人称複数)

レシピの手順説明などには一人称複数が用いられます。

  • Ρίχνουμε λάδι σε ένα μεγάλο τηγάνι.
    大きな鍋に油を入れます。
    私たちは大きな鍋に油を入れます。
    We pour oil into a large pan.

非人称動詞(三人称単数)

非人称動詞は意味上の主語が明確でなく、三人称単数を論理上の主語とします。Itを主語とするような構文に相当。

天気・天候

  • Βρέχει πολύ.
    激しい雨が降っています。
    It’s raining heavily.
  • Δεν κάνει κρύο.
    寒くないです。
    It’s not cold.

実存を表すέχω

英語のhaveに相当する動詞έχω。三人称単数を論理上の主語とし、実在(ある・いる)を表すことがあります。

  • Έχει ψάρια απόψε;
    今夜、魚はいますか。
    Is there fish tonight?

補語節を伴う非人称動詞

特定の非人称動詞は、構文上の主語とみなされる補語節を必要とします。補語節は、接続法ではνα、直説法ではότιによって導入されます。

  • Πρόκειται να πάω στην Ελλάδα σύντομα.
    私はすぐにギリシャへ行くつもりです。
    I am going to go to Greece soon.
  • Φαίνεται ότι οι φίλοι μας προτιμούν την ταβέρνα.
    私の友人はタヴェルナを好むようです。
    It seems that our friends prefer the taverna.

なお、上の例文において、補語節の主語である名詞句οι φίλοι μας(私の友人)は任意の位置に移動することがあります。動詞の後や目的語の後、あるいは非人称動詞の前に置かれることもあります。

  • Οι φίλοι μας φαίνεται ότι προτιμούν την ταβέρνα.
    私の友人はタヴェルナを好むようです。
    It seems that our friends prefer the taverna.

πρέπειとμπορείは接続法να節を必要とします。

  • Οι φοιτητές πρέπει να μελετούν όλο το εξάμηνο.
    学生は学期全体を通して勉強しなくてはならない。
    The students must study during the whole semester.
  • Πρέπει να συναντήθηκαν στο πάρκο.
    彼らは公園で会ったに違いない。
    They must have met in the park.
  • Μπορεί να φύγουμε άυριο.
    私たちは明日出発するかもしれない。
    We may leave tomorrow.

なお、μπορείの辞書形μπορώは、能力の様相性を示します。ようするにcanのように用います。

  • Δεν μπορώ να τρέξω γρήγορα.
    私は早く走ることができない。
    I cannot run fast.

μπορώの三人称単数は当然μπορείなので、意味をどうとらえるかは文脈で判断するほかありません。

  • Μπορεί να σε καταλάβει.
    彼女はあなたを理解できる。または
    彼女はあなたを理解するかもしれない
    She can / may understand you.
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる