副詞/サモトラケのニケ/ギリシャ流のおもてなし

当ページのリンクには広告が含まれています。

ダイアログ『ギリシャあちらこちら』を読み、ギリシャ語の副詞について学習します。副詞は形容詞とは異なり、語尾変化がありません。

レッスン後半は「ギリシャ流のおもてなし」についてのお話でした。ギリシャ人はおもてなしをとても大切な行為と考えているそう。

目次

ダイアログ『ギリシャあちらこちら』

ペトロスとエリ、そしてふたりの友人アンドレアの会話が続きます。アンドレアはこの後サモトラキ島に行くそう。

Πέτρος

Αυτή η μπίρα είναι ζεστή… Συγγνώμη, θα ήθελα μία κρύα μπίρα.
アフティ イ ビラ イネ ゼスティ… シグノーミ、サ イセラ ミア クリア ビラ。
このビールぬるい… すみません、冷たいビールをください。
This beer is warm… Excuse me, I’d like a cold better.

Σερβιτόρα

Αμέσως.
アメーソス。
すぐにお持ちします。
Right away.


Αντρέα

Νόστιμος ο μουσακάς.
ノスティモス オ ムサカス。
ムサカ、美味しい。
The mousaka is tasty.

Πέτρος

Ναι, αλλά είναι δύσκολο φαγητό.
ネ、アラ イネ ディスコロ ファギトー。
うん、でも難しい料理だね。
Yes, but it’s a difficult food.

Αντρέα

Μαγειρεύεις Πέτρο;
マギレヴィス ペトゥロ?
あなたはつくるの、ペトロス?
Do you cook, Peter?

Πέτρος

Καμιά φορά. Όχι πολύ συχνά.
カミア フォラ。オーヒ ポリ シフナ。
たまに。そんなに頻繁にじゃないよ。
Sometimes. Not very often.

Έλλη

Λοιπόν Αντρέα, σου αρέσει η Αθήνα;
リポン アンドゥレア、ス アレシ イ アティナ?
ねえ、アンドレア、アテネは気に入った?
So, Andrea, do you like Athens?

Αντρέα

Ναι, πολύ, αλλά φεύγω αύριο.
ネ、ポリ、アラ フェヴゴ アヴリオ。
ええ、とっても、でも明日には出発する。
Yes, very much, but I leave tomorrow.

Έλλη

Πού πας; Στο Βερολίνο;
プ パス?スト ヴェロリーノ?
どこへ行くの?ベルリン?
Where are you going? To Berlin?

Αντρέα

Όχι, στη Σαμοθράκη. Είναι κοντά;
オーヒ、スティ サモスラーキ。イネ コンダ?
いいえ、サモトラキ島へ。近い?
No, to Samothrace. Is it close?

Πέτρος

Όχι, είναι μακριά.
オーヒ、イネ マクリア。
ううん、遠いよ。
No, it’s far.

Έλλη

Πηγαίνεις όμως εύκολα, με αεροπλάνο και καράβι, ή με τρένο και καράβι.
ピゲニス オモス エヴコラ、メ アエロプラーノ ケ カラーヴィ、イ メ トゥレノ ケ カラーヴィ。
早く行きたいなら飛行機と船を使うか、電車と船を使うといいわ。
You go easily though, by airplane and ship, or by train and ship.

Πέτρος

Με το αεροπλάνο πηγαίνεις γρήγορα αλλά είναι λίγο ακριβό.
メ ト アエロプラーノ ピゲニス グリーゴラ アラ イネ リゴ アクリヴォ。
飛行機がはやいよ、でもちょっと高いけど。
By plane you go quickly, but it’s a bit expensive.


Έλλη

Συγγνώμη, το λογαριασμό παρακαλώ.
シグノーミ、ト ロガリアスモ パラカロー。
すみません、お会計お願いします。
Excuse me, the bill please.

Σερβιτόρα

Βεβαίως.
ヴェヴェオス。
かしこまりました。
Of course.

Αντρέα

Ορίστε έντεκα ευρώ.
オリステ エンデカ エヴロー。
11ドルね。
Here are eleven euros.

Πέτρος

Α, όχι Αντρέα, κερνάμε εμείς.
ア、オーヒ アンドゥレア、ケルナーメ エミス。
ああ、いらないよアンドレア。僕たちがごちそうする。
Ah, no, Andrea, we’re treating.

Αντρέα

Καλά. Ευχαριστώ πολύ. Αυτό είναι το email μου και το κινητό μου.
カラ、エフハリスト ポリ。アフトー イネ ト イーメール ム ケ ト キニト ム。
うれしい。ありがとう。これ、わたしのメールアドレスと携帯電話の番号。
Fine. Thank you very much. This is my e-mail and my cell phone (number).

Έλλη

Ευχαριστούμε!
エフハリストゥーメ!
ありがとう!
Thank you!

Πέτρος

Γεια σου Αντρέα, και καλό ταξίδι.
ヤー ス アンドゥレア、ケ カロ タクシーディ。
バイバイ、アンドレア。いい旅を。
Good-bye Andrea, and have a nice trip.

Αντρέα

Ευχαριστώ. Γεια σας!
エフハリストー。ヤー サス!
ありがとう。バイバイ!
Thank you. Good-bye!

単語

すぐにαμέσως アメーソスamesos[英] amesos
奢る、ご馳走するκερνάω ケルナオkernao[英] kernao
旅、旅行ταξίδι タクシーディtaxidi[英] taxidi
早くγρήγορα グリゴラgrigora[英] grigora
料理するμαγειρεύω マギレーヴォmageirevo[英] mageirevo
難しいδύσκολος ディスコロスdyskolos[英] dyskolos
明日αύριο アヴーリオavrio[英] avrio
しばしば、よくσυχνά シフナsychna[英] sychna
近いκοντά コンダkonta[英] konta
飛行機αεροπλάνο アエロプラーノaeroplano[英] aeroplano
船、ボート(大型の帆船)καράβι カラーヴィkaravi[英] karavi
電車τρένο トゥレノtreno[英] treno

μουσακάς(ムサカ)

ギリシャの代表的な料理のひとつで、茄子とじゃがいも、ひき肉などを使ったグラタンのことです。以前のレッスンでも登場していました。

Σαμοθράκη(サモトラキ島)

ギリシャ北部の島のこと。女神ニケの彫像「サモトラケのニケ」が発掘された場所として有名な島です。

ギリシャ語の副詞

以前のレッスンでも少しだけ副詞についてのお話がありました。

ギリシャ語の副詞の多くは語尾が-αで、同じ意味を持つ形容詞の「複数中性形」と同じ形です。

(今回のダイアログに出てきたαμέσως(すぐに)のように-ωςで終わるものや-ηςなど、古代ギリシャ語の流れをくんだ特殊な語尾を持つ副詞もいくつかあります)

これまで学習してきたとおり、ギリシャ語の形容詞は修飾する名詞の性や数、格によってさまざまな語尾となります。ですが、副詞には語尾変化がありません。

  • Το καράβι είναι γρήγορο.(形容詞
    ト カラーヴィ イネ グリーゴロ
    この船は速い。
    The ship is quick.
  • Πάμε γρήγορα.(副詞
    パメ グリーゴラ
    急いで行きましょう。
    Let’s go quickly.
  • Το μάθημα είναι εύκολο.(形容詞
    ト マシマ イネ エヴコロ
    このレッスンは簡単だ。
    The lesson is easy.
  • Πηγαίνεις εύκολα.(副詞
    ピゲニス エヴコラ
    あなたは簡単に行くことができます。
    You can easily get there.
  • Καλό ταξίδι!(形容詞
    カロ タクシーディ
    良い旅を!
    Have a good trip!
  • Είμαι καλά.(副詞
    イメ カラ
    私は元気です。
    I am well.
速いγρήγορος グリゴロスgrigoros[英] fast, quick
速く、すぐにγρήγορα グリーゴラgrigora[英] quickly, fast, soon
簡単なεύκολος エヴコロスefkolos[英] easy
簡単にεύκολα エヴコラefkola[英] easily
良いκαλός カロスkalos[英] good, nice
良くκαλά カラkala[英] well

ギリシャ流のおもてなし

ギリシャでは、自宅にお客さんが来たら、まずはギリシャコーヒーやウーゾ(ギリシャのお酒)、クッキー、あるいはγλυκό του κουταλιούと呼ばれるスイーツでおもてなしをします。

γλυκό του κουταλιούは「スプーンスイーツ」と呼ばれるおやつで、フルーツの砂糖漬けなどにスプーンを添えたかたちで提供します。

フルーツ以外に「バニラ・サブマリン」と呼ばれるスプーンスイーツも伝統的なおやつのひとつです。グラニュー糖とバニラエッセンス、はちみつなどを熱して練り、スプーンですくって水にどぼんと落とします。

多くのギリシャ人は、あらかじめ招待したお客さんであれ、急に訪れたお客さんであれ、何もふるまわないことを失礼と考えているそう。だから、家族で食事をしているときに急に来たお客さんにも(たとえ自分たちの食べる量が減ってしまっても)必ず何かを提供します。

そのおもてなしを断る行為はとっても失礼である、と考えられているそうです。怒られてもおかしくないとか。

それから、ギリシャ観光中にもしギリシャの人と食事をしたりコーヒーを飲んだりしたら、現地の人たちはおそらくご馳走を申し出るはず、とのこと。遠慮しても頑なに支払おうとするでしょうから、ありがたく奢ってもらうといいです、といったお話でした。

Today's Episode

GreekPod101 Absolute Beginner S1 #21 Getting Around Greece

著:山口 大介, イラスト:北島 志織
¥1,650 (2023/09/04 21:06時点 | Amazon調べ)
  • URLをコピーしました!
目次